【4サイクル】自分でバイクのエンジンオイルを交換する方法・手順を紹介!【DIY】

NO IMAGE

バイクを自分でメンテナンスできるようになりたいと思う方はまずオイル交換にトライしてみましょう。

 

エンジンの作業ということで未経験の方からは敷居が高そうな作業に見えますがやってみるとシンプルで簡単です。

 

今回はオイル交換に必要な道具から交換手順までを紹介していきます。

(この記事では現在一般的なエンジンとして採用されている4サイクルエンジンを対象に方法・手順を紹介しています。)

 

必要なもの

まずはオイル交換に必要なものを紹介します。

 

エンジンオイル

4サイクルエンジン用のオイルを選択します。

いろいろな製品が出ていますが迷ったら純正品を選びましょう。

 

オイルの使用量については車種によって変わってくるので「車種 エンジンオイル 量」というように検索をかけてみるとご自分の愛車の情報を入手できるかと思います。

また、オイルフィルター交換アリの場合とナシの場合で使用量が少々変わってくるので間違えないようにしましょう。

 

ドレンボルト

エンジン内のオイルを排出する穴・ドレンに付いているボルトで、エンジンオイルをせき止める役割をしています。

 

多くの車種ではドレンボルトはオイル交換の度に新品交換を推奨しています。

ただのボルトだから費用的に再利用したいと考える方も多いのですが、使いまわすと締め付けられたボルトが変形しドレンの密閉性が損なわれます。

 

これをケチっても費用も数百円程しか変わらないはずですので新品交換をオススメします。

 

ろうと(じょうご)またはノズル

エンジンオイル注入に使用します。

エンジンオイル購入時についてくるノズルでも大丈夫ですが、ろうとと比べるとこぼしやすいので注意してください。

 

トルクレンチ

ドレンボルトの取り外しと取り付けに使用します。

ドレンはエンジンオイルを排出させるための部位でドレンボルト取り付けの際には指定のトルクで締め付ける必要があるのでトルクレンチを指定しています。

 

パーツクリーナー

作業中には手やドレンボルト周りなどがオイルで汚れるのでパーツクリーナーが必要になります。

 

オイル処理パック

オイルの垂れ流し・放置はいけません!オイル処理パックを使うことで指定のゴミとして処理します。

中に紙くずなどが入っていてオイルを吸わせてそのまま捨てることができます。

 

オイルフィルター・フィルターレンチ

オイルフィルターがあるバイクは一般的に2回に1回フィルター交換が必要といわれています。

原付やスクーターだとそもそもオイルフィルターが存在しない場合もあるので自分のバイクには付いているかどうかを自分で調べてみましょう。

 

オイルフィルターの取り外しには専用のフィルターレンチがあると簡単に取り外せるのでフィルター交換の際には同時に用意されることをオススメします。

 

バイクのオイル交換方法

必要なものを準備したら気になるオイル交換の手順に入りましょう。

 

下からオイルを抜く

まずはエンジンの下からオイルを抜きます。

オイルを抜く前にあらかじめ処理パックをエンジンの下に置いて準備しておきましょう。

 

エンジン下のドレンボルトを取り外してドボドボとオイルを抜いていきます。

ドレンボルトの径については「バイクの車種 ドレンボルト」等ググってあらかじめ調べておきましょう。

 

オイルを一気に流し始めてしまうと工具や地面に飛び散り大惨事になる場合もあるので最初は工具で緩め、緩んだら手で回して取り外すと被害が最小限に抑えられます。

 

オイルを入れる

新しいオイルを入れます。

 

オイルフィルターも交換する場合はオイルを抜いて入れる前の空っぽのタイミングで交換します。

 

パーツクリーナーをキッチンペーパーに拭きつけてドレンボルト部を清掃してから新しいドレンボルトを取り付けます。

トルクレンチを規定トルクに設定して、しっかりと締め付けましょう。

 

ドレンボルトを取り付け(オイルフィルターも交換し)たら新しいエンジンオイルを入れていきましょう。

 

ろうとを注入口に挿し込みエンジンオイルを流し込んでいきます。

 

一気に適量を入れようとせず気持ち少なめに入れて後から調整すると入れすぎを予防できます。

 

量の確認

エンジン横の窓からオイルの量を確認しましょう。

エンジンがかかっていない状態で1~2分置いたあと、水平にしてオイルが確認窓の上下のライン内に収まっていれば適量です。

 

まだ足りなければ継ぎ足します。

もし入れすぎてしまった場合は逆にオイルを抜かなければならないので慎重に足してください。

 

最後に

バイクのオイル交換が自分で出来るようになれば用品店での工賃を削減できるだけでなくオイルの量や入れ方をこだわることが出来ます。

なにより自分のバイクのことをもっと知ることが出来るのがいいですよね。

 

オイル交換は始めてのバイクDIYにも最適なのでぜひ挑戦してみましょう。

バイクカテゴリの最新記事