【DIY】迷ったらまずはこの工具!クルマの簡単な整備にも必要になるオススメ工具5選!

NO IMAGE

クルマの整備やメンテナンスのDIYに挑戦してみたくなったら作業をはじめる前に、まずは工具の用意からはじめましょう。

 

今回の記事では筆者が「最初に押さえておきたい!」と思う超重要な工具たちを5つご紹介します!作業の前にあらかじめ調達し新たなカーライフのお供にしましょう!

 

最初に手に入れたい工具リスト

筆者がDIYをはじめようと思う方に最初にオススメする工具が以下の5つです。

 

レンチ

どんな時にも活躍するのがレンチ。レンチに始まりレンチに終わるといっても過言ではないくらいに使用頻度が高い交具です。六角系のボルトやナットを外したり締める時に使います。

クルマの部位によってサイズが違うのでさまざまなサイズを揃えましょう。

 

少々値段は張りますが個人的にはフレキシブルギアレンチがオススメです。

 

トルクレンチ

クルマには部品によってボルトの締め付けの強さ(=トルク)が指定されています。そんな繊細な作業を行なうときに活躍するのがトルクレンチ。

トルクレンチは指定のトルクに達するとそれ以上は締まらないようになりカチッと音を立てます。

 

ソケット

トルクレンチなどのさまざまなサイズに使用できる工具には先端部分がありません。

クルマにはさまざまなサイズのボルトが使用されているため複数のサイズがそろったものを用意するとよいでしょう。

 

内装はがし

車内の配線作業やルームランプ交換などで活躍するのがコチラの内装はがし。

複数の形状がありいろいろな場所に対応可能なモノがオススメです。

 

電工ペンチ

電装系をいじるなら電工ペンチ。配線作業時に配線をつなげたり、加工する場合に使用します。

配線を自分で加工することはやったことがない方には難しいことだと思われがちですが、意外とカンタンなので挑戦してみたい方はぜひコチラを用意しましょう。

 

最後に

今回ははじめてのDIYの前にぜひ揃えてほしい工具5つを紹介してみました。

 

この5つの工具があればドラレコの取り付けやタイヤの脱着など初歩的なDIY作業の多くをこなせるようになると思います。

 

紹介した工具たちを使ってまずはDIYに親しみを持ってもらえれば幸いです。

クルマカテゴリの最新記事